郵送検査は便利です。早めの検査を!

31歳の男性、会社員です。

 

半年ほど前に、人生で初めて郵送での性病検査を受けました。

 

結論から言いますと、本当に簡単だったのでこれを読んでいる皆さんにもおすすめしたいです。

 

実は私は月2くらいのペースで風俗店を利用しているのですが、ある日性器に軽い痺れを感じるようになりました。

 

調べてみるとこれは梅毒の症状の一種だとのことで、最近は特に流行っていますから大変焦ったのを覚えています。

 

しかし病院へ直接行くのは勇気がなく、少し悩んだ末に郵送で検査をしてもらう手段を選んだわけです。

 

肝心の検査キットに関しては、あおぞら研究所という有名なところで取り寄せました。

 

梅毒の検査だけでも5000円弱、正直高いなと思ったのが第一印象です。

 

とはいえまさかの当日発送、注文から2日後にはもう届きました。

 

大手通販サイト顔負けの素早さです。

 

早く検査をしたい気持ちに沿った対応だと思いますが、素直に好感が持てました。

 

そして早速の開封、最初に血行を良くするよう書かれていたため、お湯に手を浸けて軽く揉むようにしました。

 

次に指先を付属の消毒綿で拭き、ランセットという針が出るキットで指先を刺します。

 

すると指先から出血をして溜まってくるので、あとは採血用ろ紙に出血した指を当てるだけでした。

 

もうこれで、検体の採取は完了です。

 

針による痛みはやはりありましたが、注射などと比べると全く痛くありません。

 

出血はすぐに止まってくれ、傷も残らなかったので良かったです。

 

郵送から検査結果の確認までは、5日ほど掛かりました。

 

この期間は、結果が気になって落ち着かなかったです。

 

ですが気になる結果は陰性、私は何の性病も患っていませんでした。

 

何か生き返ったような気がして、嬉しい気持ちでいっぱいになっていたと思います。

 

検査結果は、インターネットから手軽に確認できました。

 

自分で決めたIDとパスワードを、専用の画面で入力するだけです。

 

プライバシーへの心配は無用で、第三者に見られることもありません。

 

顔も誰にも見られない、検査をしたことも近しい人物には知られない、まさに完全防備な状態で性病検査をすることができました。

 

こうした経験から、手放しで郵送による性病検査をおすすめできます。

 

普通の体調不良とは違い、性病の症状は家族や友人にも相談しにくいものです。

 

私も孤独に悩みどうしようかと困惑していたところに、この方法が救世主となりました。

 

少しでも性病への心当たりがある方であれば、少しお金は掛かりますが郵送での検査を受けてみてください。